Employment arrangement

憧れていた貿易事務で働く意義|転職に一押しな職業

アピールポイントを考える

前職の業績をアピール

電話

貿易事務で転職活動をする時には、今働いている企業よりも好待遇の企業を探すという方が多いです。
しかし、転職を成功させるためにはいくつか気をつけることがあります。
まず貿易事務の転職で、他の求職者に比べて自分がどう違うのか、またセールスポイントは何なのかを考えましょう。
ただがむしゃらに働いてきたということをアピールしても、自分の強みを伝えることは出来ません。
ですから前職でどういった仕事に携わり、その経験がどう活きたのかについて説明できるようになると、転職の面接も有意に進んでいきます。
また貿易事務の求人を探す場合には、今までやってきた業務に関連する職種で探しましょう。
全く違う職種に応募してしまうと、スキルが無いとみなされることがあります。
なので、これまで従事してきた貿易事務のスキルを発揮できる求人に応募しましょう。
求人には必ず職種とどのような仕事をするのか、また経験はどの程度必要なのか掲載してあるので、じっくりと募集要項を見るとよいでしょう。
そうすることで、自分にも応募資格があるのかどうかを確認できます。
現在では転職活動というとインターネットと通して行うことが当たり前となっています。
そのため、貿易事務の求人が多い転職サイトに登録して、なるべく多くのチャンスをつかむように心がけましょう。
サイトによっては職務経歴書と履歴書を送付あるいはオンライン上から送信することで、個別のオファーや貿易事務の非公開求人を教えてもらうことができます。
転職を成功させるためにも、適宜活用していきましょう。

グローバルに活躍する人材

ウーマン

貿易大国といわれる日本は、外国とのつながりが密接にあります。
日本の繊細な技術は、外国でも高く評価されています。
しかし、日本は世界に比べて小さな島であるため、生産をするにも限度があります。
なので、外国からの輸入が必要となります。
そんな日本と外国のモノのやり取りの手続きを行うのが、貿易事務です。
貿易事務は商社やメーカーなどの輸出入に関する業務を行っている会社で、事務作業が主な業務です。
昨今は国内での経営のみならず、中小問わず海外展開を積極的に行う企業も増えています。
その影響もあり、貿易事務の仕事は年々需要性が高くなっていることから、転職による年収やスキルアップに成功した人も多くいます。
活躍場所は船会社、航空会社、倉庫会社など多岐に渡ります。
場所により業務内容は異なりますが、大まかに輸出入業務を行うことになります。
貿易事務への転職を考えているならやはり英語のスキルが非常に大事になります。
客観的な語学の証明になるTOEICや英語検定の資格を持つとよいでしょう。
他にもワードやエクセルなどのパソコンを使った事務処理能力の他、他国の人と電話でのやり取りを行うのでコミュニケーションスキルも重要です。
貿易実務検定や通関士の資格があれば高く評価されるでしょう。
未経験での転職の場合、語学やPCのスキル業務上必要なスキルも重要ですが、一番大事なのは他国の人とのコミュニケーションでしょう。
国によって仕事の進め方も考え方も異なる為、こちらが想定したとおりに仕事が進まないこともあります。
そんな文化の違う顧客相手でも柔軟に対応できるコミュニケーション能力がある方が、転職される場合でも貿易事務では重宝されるようです。

業務内容を確認する

面接

貿易事務は商社やメーカーなど、輸出入を行っている会社の事務の事を指します。
内容は輸出に関する業務と輸入に関する業務とに分かれますが、共通するポイントとしては英語をどちらも英語を利用する点です。
貿易関係の英語の書類の閲覧や作成、海外との英語でのメールのやりとりがあります。
輸出入業務は通関や税関、輸送などの手配の他に社内折衝も行うので、折衝力の他、貿易に関する用語なども身に付きます。
なお会社の規模の他に補助業務を行うだけの場合は専門的な業務を行う場合もあり、会社によって業務の幅は様々です。
貿易事務は特に専門商社を中心に求人が出ていますので、今までに経験があるのであれば転職の際にも非常に有利に働きます。
特に転職では実務経験が重視される他、企業側もこの貿易事務に関しては即戦力としてすぐに力になってほしい意向が強い事から経験者を採用したい意向があります。
転職の際には自分がどのように貿易事務に携わってきたかをしっかり説明する事が大切です。
全く未経験から貿易事務の仕事に転職する事も可能ですが、この場合は英語スキルが必須となります。
貿易に関する知識が全くないとハードルが高くなりますが、貿易実務検定や通関士業務などの資格を取得しているとハードルは大きく下がります。
未経験であればなぜこの貿易事務の仕事がしたいのかをしっかりと説明、アピールできるようにしておく必要があります。
経験者・未経験者どちらの場合でも転職にあたってはその会社の福利厚生などの待遇の他、貿易事務として業務をどこまで行うのかをしっかりと確認する事が重要です。

ステップアップに活用

レディ

貿易事務は収入がよい点や英語力が上達する点などから転職してくる人も多い職種です。貿易事務をステップとして、通関士や英語を使う職業にステップアップしていく人も多くいます。英語力と事務の経験は必須であることが多いです。

もっと読む

アピールポイントを考える

電話

貿易事務の転職求人を探す場合には、今まで従事した仕事の中で獲得したスキルを活かせる職場を探しましょう。また職場を探す際には、貿易事務の求人が多い転職サイトに登録して、職務経歴も一緒に登録することでより早く求人が見つかります。

もっと読む

派遣でキャリアアップ

男の人

豊富な経験があれば幹部候補として貿易事務の仕事に転職することも可能です。未経験者を積極的に採用し、多彩な案件を提供している貿易事務専門の派遣会社もあり、充実した研修でキャリアを積み重ねることができます。

もっと読む